偉人さん達の叡智

人間関係で悩みやすい人には、明確な特徴があります。


大切なあなたへの

地球と宇宙からの

10000の
叡智のお届けものです ☆

 

*☆•*¨*•.•*¨*•☆*

 

⚪ 9551 ⚪
心屋仁之助

攻撃されたときに
心の中で「私はあなたの味方ですよ」とつぶやいてみる。

これにより
自分の中にある相手への不快感がリセットされ

無用な反撃や意気消沈を防ぐことができます。

 

⚪ 9552 ⚪
心屋仁之助

「自分軸」ができると

人にどう思われるかが怖くなくなります。

それによって
日々の人間関係も変わり、悩みも減るでしょう。

対人関係の悩みは
これだけで、多くが解決すると僕は思います。

 

⚪ 9553 ⚪
心屋仁之助

母親の顔色をうかがって生きてきた子供は

行動や価値観の中心軸を自分に置かず

他者に置く習慣ができています。

ですから
大人になっても、周囲の顔色をうかがい続けます。

 

⚪ 9554 ⚪
心屋仁之助

カウンセラーとしての経験から言いますと

人間関係で悩みやすい人には
明確な特徴があります。

それは一言で言うと
「真面目」だということです。

いわゆる
「いい人」と言い換えてもいいでしょう。

いい人であることは
本人にとって息苦しいものです。

周囲の人々全員に対して
いい人で居続けることはまず不可能だからです。

 

⚪ 9555 ⚪
心屋仁之助

私はずっと
職場や家庭での人間関係で悩んできました。

だから
心理学の勉強にも一生懸命取り組んだし
人間関係の問題を乗り越える方法も知っています。

心を悩ませた分

実体験を通じて
「生きたノウハウ」を身につけられました。

このように
悩みは強みに変えられるのです。

 

⚪ 9556 ⚪
心屋仁之助

恐れを乗り越え
やりたいことを発掘するには

「最悪の状況を想像してみる」のが効果的です。

たとえば
独立しても仕事がなく

家を追い出されて家族から見捨てられる……。

そんな未来を
できるだけ具体的に想像しましょう。

すると
現実はここまでひどくならないと気づけるのです。

 

⚪ 9557 ⚪
掃除は心を整えるためのスイッチ。

何も考えず
ただー心に掃除に打ち込む時間を持てば

くよくよした気持ちも拭い去られるはず。

 

⚪ 9558 ⚪
物事は

「原因」と「縁」が結びついて

結果につながる。

日頃から

努力を続けているからこそ結びつく。

 

⚪ 9559 ⚪
今、この一瞬を一生懸命に生きる。

このシンプルな考え方こそ

あなたを助ける最良の方法。

 

⚪ 9560 ⚪
人と比べて決めるものではなく

自分が良いと信じて選んだものこそ

幸せにつながる。

 

⚪ 9561 ⚪
積もった塵は、心の塵でもある。

身辺を整えるということは

心を磨き、整えることにつながる。

 

⚪ 9562 ⚪
部下が自分を慕い

ついてきてくれるようになるには

指示を出すだけでなく

自ら率先して

仕事に取り組む姿勢を見せることが重要。

 

⚪ 9563 ⚪
人間が変えようと思っても

変えられないものがある

という事実を受け入れられれば

不安や妬みなどの感情はすーっと引いていく。

 

⚪ 9564 ⚪
当たり前と思っていることが

いかにありがたいか。

それを
感謝する気持ちが持てるようになると

同じことの繰り返しだと

思っていた毎日が、新鮮に思えてくる。

 

⚪ 9565 ⚪
人を引きつける魅力とは

当人からにじみ出てくるものです。

少なくとも

魅力的に思われることを目的に行動する人には、備わりにくい。

 

⚪ 9566 ⚪
何かの結果を求めて働くのではなく

日々の仕事を
ひとつひとつこなすことによって

未来は開けるのです。

ときにはいい加減な日があってもいい。

完璧でなくても

努力を継続するほうが

最終的には大きな目標に到達できるはずです。

 

⚪ 9567 ⚪
肝の据わった人間になるには

自分のなすことひとつひとつを丁寧に

納得がいくように進めることです。

極端な言い方をすれば

ひとつひとつの所作に命をかけるのです。

 

⚪ 9568 ⚪🌕 行解相応を
私は庭園デザイナーとして

日本庭園をつくっていますが

初めてご一緒する庭師さんたちとは
できるだけ早く信頼関係を築くように努めます。

現場で地下足袋と軍手を身につけ
率先して動くこともあります。

口先だけでは、誰も信順してくれません。

禅では理論と実践が一致する

「行解相応(ぎょうげそうおう)」を理想としています。

「こんな庭をつくりたい」

と自ら行動して初めて
周囲の人を巻き込むことができるのです。

 

⚪ 9569 ⚪🌕 目の前に集中することを
この世にあなたと同じ人間はいません。

同僚と成績を比べても意味がないのです。

禅では
他と比較して心をとらわれることを

「妄想(もうぞう)」と呼んでいます。

対して
そこから自由になり

目の前のことに集中することを

「莫妄想(まくもうぞう)」といいます。

大きな成果は

我を忘れて仕事に没頭した
「莫妄想」のときに得られるもの。

自分が主体となり
いわば自分の色に仕事を染めることができた結果です。

 

⚪ 9570 ⚪🌕 それぞれは連続していない
禅では
「前後際断(ぜんごさいだん)」といって

過去は過去
現在は現在
未来は未来

と区別し
それぞれが連続したものではないと考えます。

過去のことは
いまさら取り繕うことができません。

もう終わったことだと断ち切り
いまなすべきことに集中するのです。

ミスを犯しても引きずってはいけません。

目の前の仕事に
必死に取り組むことが大切です。

 

⚪ 9571 ⚪🌕 誰に喜ばれるかを基準に
売上ノルマはいったん忘れましょう。

その代わり、別の目標を立てるのです。

この仕事は

誰に喜ばれるかを基準に考えてみてください。

 

⚪ 9572 ⚪
お客さんから信頼されない原因は

簡単に言えば
お客さんの立場になりきれていないから。

相手の気持ちになることがヘソ(秘訣)です。

 

⚪ 9573 ⚪
「あの技術は彼にしかわからない」
「彼女の司会はいつ見てもいいね」

と、何かひとつ得意技があれば

その人は
「職場になくてはならない存在」になります。

仕事で何も見つからなければ
接待の宴会芸でもかまいません。

大切なのは
得意分野を見つけて伸ばすこと。

自分だけでなく
同僚の得意技も見つけて褒めてあげれば

あなたの株はさらに上がるはずです。

 

⚪ 9574 ⚪🌕 主体的になれるか
課題に対して必死に努力できるときは

自分のやる気など
意識することはありません。

要は
どれだけ主体的になれるかにかかっているのです。

 

⚪ 9575 ⚪
ありのままの自分で
生きている人は魅力的に映ります。

その人を
応援してくれる人も増えていくでしょう。

人間的な魅力があれば
大勢の人が集まり、仕事の成果も大きくなるはずです。

 

⚪ 9576 ⚪
劣等感が消えないのは

ありのままの自分を
受け入れていないことが原因です。

他人に少しでもよくみられたい

いま以上に評価されたいと思うのは
プラスアルファの自分を演じているから。

その邪念が心を乱し
自分本来の力を発揮できないこともあります。

 

⚪ 9577 ⚪
私たちは本来
清らかで汚れのない心を持っています。

しかし、いつの間にか

「あれが欲しい」
「これを手に入れたい」という執着や

「自分が、自分が」
といった我欲で心を覆ってしまいます。

禅では
「我見(がけん)」と呼びますが

心にそういう垢が溜まっているのです。

みんなを受け入れてはじめて
みんなから受け入れられる。

自分より他人のことを考え

ともに支え合おうとする姿勢は
執着や我欲から離れたところにあります。

 

⚪ 9578 ⚪🌕 相続とは
遺産相続などの「相続」という言葉は

もともと仏教用語です。

師の教えを
次の代に受け継いでいくという意味です。

金銭やモノではなく
師からの教え(法)を伝えていったのです。

 

⚪ 9579 ⚪
倉重英樹

チームワークを育むには

人のやったことに対して

感想を言い合うことが大切。

 

⚪ 9580 ⚪
弘兼憲史

あらゆる仕事はチームワーク。

漫画家も
本人の才能だけでは連載は続けられません。

周囲の助けが必要です。

 

⚪ 9581 ⚪
近田哲昌

チームといっても

結局は一人ひとりの人間です。

その一人ひとりと真剣に向き合い

本音をぶつけ合わなければ

信頼関係をつくることはできません。

 

⚪ 9582 ⚪
隈研吾

歌舞伎座立て替えの
設計をしていて気づいたのは

昔の人が築いたものをうまく使うと
自分一人ではできないことができるようになることだ。

20世紀の近代建築以降の建築家は

個人の創造性ばかりが評価されるが
ヘリテージ(遺産)とも「チームワーク」がありうることがわかった。

 

⚪ 9583 ⚪
アルベルト・ザッケローニ

チームワークと個性は
相反する概念ではありません。

抜きんでた才能の選手が一人いれば

1〜2試合は勝てるでしょうが
何試合も勝ち抜くことはできません。

一方で、よいチームワークがあれば

長いリーグ戦や大きな大会で
勝利を手にすることができます。

世界のサッカーの歴史に名を残す選手たちも

例外なくチームワークを大切にし
それによって栄光のキャリアを築いてきました。

 

⚪ 9584 ⚪
星野佳路

チームに波風が立っているのは

お互いに言いたいことを言い合いながら

チームが成長している証です。

 

⚪ 9585 ⚪
ジェイ・エイブラハム

チャンスを作るにはまず

「独力でやる」という発想から抜け出し

恐れを乗り越えて
ビジネスという冒険を楽しむことが必要だ。

あなたに足りないものを持っている人

そしてあなたが持っている
ビジョン、明晰さ、実行計画などを必要とする人が

必ずいるとすれば
二度とその恐れを感じることはないだろう。

 

⚪ 9586 ⚪
石川誠(医師)

リハビリには

看護師、理学療法士、作業療法士など
多くの職種がかかわるため、チームワークが重要です。

また、医師は主役ではなく
いわばチームの調整役。

そんなリハビリへの「転向」に
違和感がなかったのは

高校・大学時代に打ち込んだ
ラグビーの影響があるのかもしれません。

「One for all, all for one.」

ラグビーでよく使われる
大好きなこの言葉が最もぴったりくる医療がリハビリなのです。

 

⚪ 9587 ⚪
井上真央

正直、同じシーンを何度も繰り返していると

「飽きているかも」と
自覚することはあります。

そんなときの解決法も
人と話すことですね。

スタッフの方々に話を聞くと
各シーンにかける熱い思いが耳に入ってくるので

私もお芝居を通して
力になれるのかもと思える。

現場の雰囲気やスタッフとのつながりなど

チームワークを大切にすること
「みんなでひとつの作品を作ろう」

という意識を持つことが、私の原動力になっています。

 

⚪ 9588 ⚪
朝原宣治

リレーという団体種目は

「チームワーク」「絆」「信頼」といった
科学では証明しにくい要素が思わぬ力となり

結果に結びつくことがある。

実際
メンバーの気持ちに温度差が生じると
バトンミスなどにつながる恐れもある。

 

⚪ 9589 ⚪🌕 フォロワーシップとは
若田光一

国際宇宙ステーションでの仕事は

役割や内容が異なる
世界各国の乗組員と協力して行わないといけません。

そこで求められる資質は4つあります。

「自己管理能力」
「リーダーシップ」
「チームワーク」

そして
「フォロワーシップ」

フォロワーシップとは
リーダーを支援し、リーダーが仕事をしやすい環境を作る力。

 

⚪ 9590 ⚪
森永卓郎

こんな時代だからこそ、変人でいるべき。

偉人や名起業家も
もとを正せば変わり者であることがほとんど。

みなさんも
個性的であることを恐れないでください。

 

⚪ 9591 ⚪
津田梅子

人生の導き手である良い書物は

その書物のなかで語る
偉人たちのことばは

求めさえすれば
皆さんのものとなることでしょう。

 

⚪ 9592 ⚪
齋藤孝(教育学者)

私は書物を通じて

古今東西あらゆる偉人に教えを請い

その言葉を身につけることで

自分なりに生きる技を磨き続けてきました。

 

⚪ 9593 ⚪
村田昭治

世の中でいう偉人

異なった人に会ってみることは

面白く眼が開けるものだ。

 

⚪ 9594 ⚪
徳重徹

本気の挑戦の結果としての失敗は

必ず自分のプラスにつなげることができるのです。

自分はさて置き

過去の偉人はみんなその繰り返しで

大事を成し遂げていますから。

 

⚪ 9595 ⚪🌕 『 最高の報酬 』という
大塚雅樹

私がいつも鞄に入れて
持ち歩いているのが

偉人の言葉を集めた
『最高の報酬』という本です。

なんとなく気分が晴れないとき
偉人たちの言葉を読むとモチベーションが上がります。

やはり、言葉には力があります。

自分が読んで元気になるもの
または面白いと感じるものを

僕はいつも持ち歩いています。

 

⚪ 9596 ⚪
サミュエル・ジョンソン

誰かの真似をして

英雄・偉人になった者など

歴史上一人も存在しない。

 

⚪ 9597 ⚪
小幕真久

僕たちは日ごろから

ビジネス書を読んで仕事の仕方を覚えたり

自己啓発や偉人の伝記に
人生のヒントをもらったりと

本からずいぶん恩恵を受けています。

そういう僕たちにとっては当たり前のことが

開発途上国の人たちにはできないのです。

僕自身も
これまで本にはずいぶん助けられてきました。

だから
本の重要さは人一倍わかっているつもりです。

 

⚪ 9598 ⚪
井上五郎

私は若いとき
あるアメリカの雑誌でこんな記事を読んだ。

すべて退屈で人に嫌われる奴は
決まって自分自身のことをしゃべる。

人に興味をもたれるためには
決して君自身のことを話題にしてはならない。

エジソンのような偉人でも

前夜は眠れなかったというたぐいの話で
相手を引きつけることはできないし

君が天国に行ったときには
どうして君がそこに行くことができたかを

聖パウロに話すのはやめたがよい。
彼はそんな話は聞き飽きている。

 

⚪ 9599 ⚪
ルドルフ・ディーゼル

偉人は自分一人のためではなく

多くの人々のために

この世に生を受けたのである。

 

⚪ 9600 ⚪
石浦章一

若い人には

偉人や成功者の自伝を読むことをお勧めしたい。

自伝を読みながら

人生の岐路での判断、成功に至る道のりを
疑似体験していると、いい気分になるものです。

そういう
成功者の考え方や行動を真似るだけでも

自分を変えるきっかけになるはずです。

 

🌕 特別言霊 🌕

愛を育むためのゆとりを持つ事だ
日々、人生の喜びを少しずつ味わってください
〜 ホセ・ムヒカ元ウルグアイ大統領 〜

 

 

*☆•*¨*•.•*¨*•☆*