偉人さん達の叡智

感闘の心が高まれば高まるほど、それに正比例して幸福感が高まっていく。


大切なあなたへの

地球と宇宙からの

10000の
叡智のお届けものです ☆

*☆•*¨*•.•*¨*•☆*

⚪ 1751 ⚪
松下幸之助

運が良かったという人は、

周りの人に助けられてきたという

「感謝」の気持ちのある人で、

たとえ逆境に陥っても前向きに取り組める人物だ。

 

⚪ 1752 ⚪
松下幸之助

感闘の心が高まれば高まるほど

それに正比例して幸福感が高まっていく。

 

⚪ 1753 ⚪
美輪明宏

着るものがある。
食べるものがある。
雨露をしのげる家がある。

愛する家族に愛を伝えることができる。

すべてに感謝。

 

⚪ 1754 ⚪
Gackt

今を生きていることに感謝しよう。

明日をもっと素敵な一日にするために。

末来がもっと、キラキラしたものになるために。

 

⚪ 1755 ⚪
長友佑都

「ありがたいな」と思う気持ち、

感謝の心を持つことは、

そういう小さな幸せを手にする

チャンスをたくさん作ってくれる。

成長するために、感謝の心は必要不可欠なんだ。

 

⚪ 1756 ⚪
ドロシー・ロー・ノルト

子供は、褒められて育つと

人に感謝するようになる。

 

⚪ 1757 ⚪
政木和三

事業でも商売でも

状況が悪い時は感謝すること。

そして修行させて頂いてありがとうございます

と念ずれば、自然に道は開けてゆくのである。

 

⚪ 1758 ⚪
ジョセフ・マーフィー

感謝の気持ちをつねに持っている人は

宇宙の力、無限の英知と

調和することができます。

そういう人は
あらゆる恩沢を引きつける精神的磁石となります。

 

⚪ 1759 ⚪
ナポレオン・ヒル

この次に災難に出会ったら

そこからうまく利益を引き出すことだ。

重圧に逆らって悲鳴をあげたり
恐怖に身を震わせたりする必要はない。

顔を上げて周囲を見渡すのだ。

どんな災難や不幸にも必ず伴っている

それに見合った恩恵の種子

それを探し出すことである。

 

⚪ 1760 ⚪
オグ・マンディーノ

今日あなたに降りかかるかもしれない

災難の大半は、勇気をもってあたれば

たいてい、それに見合うか

それ以上の恩恵をもたらしてくれます。

 

⚪ 1761 ⚪
這蘇郁子

過ぎ去った全てのことに

「ありがとう!」

そして、これから来るべき、

全てのことに「はい!」という

心を持ちたいと思います。

 

⚪ 1762 ⚪
五日市剛

ツキを呼ぶ魔法の言葉は、

「ありがとう」「感謝します」「ツイてる!」。

嫌なことがあったらありがとう。

いいことがあったら感謝します。

いつも前向きにツイてる。

 

⚪ 1763 ⚪
松任谷由実

何もいわずに

何もきかずに

うけとめてくれてありがとう。

 

⚪ 1764 ⚪
水谷修

人のために何かしてごらん。

返ってくる「ありがとう」が

生きる力になるよ。

 

⚪ 1765 ⚪
植西聰

ちょっと耳の痛い

指摘を受けたときでも

すぐに

「ありがとう。これからは注意するね。

また気がついたら教えてね」

たとえばこんなふうに

お礼を言うくらいの心構えが必要です。

 

⚪ 1766 ⚪
斎讓一人

いい日とは

自分にありがとうを言える日。

 

⚪ 1767 ⚪
大橋巨泉

日本人ほど「ありがとう」という言葉を

口にしない民族はそうそういませんね。

 

⚪ 1768 ⚪
麻木久仁子

謝るくらいなら

ありがとうと言って。

⚪ 1769 ⚪
本田健

「ありがとう」は

すべての人の心をつなぐ魔法の言葉です。

世界中の人がありがとうという

言葉でつながることができれば、

どんなにかすばらしいことでしょう。

 

⚪ 1770 ⚪
メロディ・ビーティ

感謝は否定を受容に変え

混沌を秩序に、漠然を明瞭へと変える。

 

⚪ 1771 ⚪
自信を持って生きている人は

自分と他人を比べず、

自分の置かれた状況に感謝している。

 

⚪ 1772 ⚪
私は感謝祭とは、

与えられたものや好意に対して

感謝する日だとばかり思っていた。

しかし、

どんなささやかなことでも

人に何かをしてあげるチャンスを
与えられたことに対して感謝する日でもあったのだ。

 

⚪ 1773 ⚪
メロディ・ビーティ

感謝は人生の豊かさの栓を開ける。

私たちが持っているものを、充分以上のものにする。

 

⚪ 1774 ⚪
本田健

どんな批判が来ても

その本質をしっかり受け止めて

感謝できるようになると、

あなたは
より自由に人生を生きられるようになります。

 

⚪ 1775 ⚪
ジョセフ・マーフィー

相手が困った状態にある時

あなたの英知を提供しなさい。

相手は感謝し、

あなたはきっとその返礼を受け取るはずです。

 

⚪ 1776 ⚪
永六輔

十代の夫婦はセックス夫婦

二十代の夫婦は愛で結ばれる夫婦

三十代の夫婦は努力して夫婦

四十代の夫婦は我慢の夫婦

五十代の夫婦はあきらめの夫婦

六十代の夫婦は感謝し合う夫婦

 

⚪ 1777 ⚪
ジョセフ・マーフィー

口やかましい妻というのは

夫の注意や感謝を望んでいるのです。

つまりは愛情を渇望しているのです。

彼女の美点はほめたたえなさい。

彼女に注意し、感謝していることを示しなさい。

 

⚪ 1778 ⚪
本田健

経済的自由とは

1:いつでも富を生み出すことのできる
知恵を持っていること

2:どんな状況にも感謝できる
心の平安を持っていること

この二つの要素で成り立っている。

実際にいくら財産を持っているかは、あまり関係ない。

 

⚪ 1779 ⚪
中村天風

心が積極的になれば

たとえ人生に苦難苦痛があろうと

心の力で喜びと感謝に振りかえることができる。

 

⚪ 1780 ⚪
ジョセフ・マーフィー

精神的であれ、物質的であれ

富がもたらされる全過程は

感謝という
一語に要約することができます。

あなたが感謝の心を持たないとしたら

豊かさとは縁遠いに違いありません。

 

⚪ 1781 ⚪
ウィリアム・ブレイク

感謝して受け取る者に

豊かなる収穫あり。

 

⚪ 1782 ⚪
名取芳彦

どんな不幸を吸っても

吐く息は感謝でありますように。

 

⚪ 1783 ⚪
ラ・ロシュフコー

大多数の人の感謝は

もっと大きな恩恵を受けたいという

密かな欲求にすぎない。

 

⚪ 1784 ⚪
ソーントン・ワイルダー

死者に対する

最高の手向けは

悲しみではなく感謝だ。

 

⚪ 1785 ⚪
オプラ・ウィンフリー

ありがとう日記を

つけるといいわ。

毎晩、あなたが感謝したことを

5つ、リストアップするの。

そうすれば、毎日に対する、

そして人生に対する、あなたの見方が変わり始める。

 

⚪ 1786 ⚪
相田みつを

うばい合えば足らぬ

わけ合えばあまる

うばい合えばあらそい

わけ合えばやすらぎ

うばい合えばにくしみ

わけ合えばよろこび

うばい合えば不満

わけ合えば感謝

うばい合えば戦争

わけ合えば平和

うぱい合えば地獄

わけ合えば極楽

 

⚪ 1787 ⚪
ひすいこたろう

人に「ありがとう』と

声を出して言ってみる。

すると

脳はその人に対して

感謝する合理的な理由を探し出す。

そうすると

周りの人のいいところが見えやすくなる。

 

⚪ 1788 ⚪
木村拓也

家族に一言言わせてください。

今まで支えてくれて本当にありがとう。

パバは頑張ったよ。

 

⚪ 1789 ⚪
喜多川

欲しいものを手に入れるために

お金を払っているのではない。

それに携わった人に

「ありがとう」を届けているのだ。

 

⚪ 1790 ⚪
デール・カーネギー

苦悩を数えてはいけない。

幸せなことを数えて

それに感謝する時

人は幸せになることができる。

 

⚪ 1791 ⚪
D・カーネギー

深い思いやりから出る

感謝のことばをふりまきながら

日々を過ごす

ーこれが

友をつくり、人を動かす妙諦である。

 

⚪ 1792 ⚪
中村天風

現在の生活の状態、境週、職業

何もかも一切のすべてを

心の底から本当に満足し

感謝して生きているとしたら

本当にその人は幸福なのである。

 

⚪ 1793 ⚪
中村天風

感謝と喜びで

人生を考えるよう

習慣づけよう

 

⚪ 1794 ⚪
北米ミンカス族の格言

感謝する理由が

見つからなければ

落ち度はあなた自身にある

 

⚪ 1795 ⚪
バブリアス・シラス

恩恵に感謝するものは

恩恵からより以上のものを引き出す

 

⚪ 1796 ⚪
萧藤茂太

「感謝する心」は

人間社会のなかで

心環やかに生きる最高の発明品

 

⚪ 1797 ⚪
キケロ

感謝は

最上の美徳であるだけでなく

すぺての美徳の母でもある。

 

⚪ 1798 ⚪
相田みつを

私の、このヘタな文字

つたない文章も、

見てくれる人のおかげで

生かせていただけるんです。

《おかげさん》でないものは

この世にーツもありません。

みんな《おかげさん》で成り立っているんです

 

⚪ 1799 ⚪
山本五十六

やっている姿を

感謝で見守って

信頼せねば人は育たず

 

⚪ 1800 ⚪
スティープン・R・コヴィー

満たされていない欲求が

動機づけになるのだ。

人間にとって

生存の次に大きな欲求は

心理的な生存である。

それは、理解され、認められ

愛され、必要とされ、感謝されることである。

 

*☆•*¨*•.•*¨*•☆*