偉人さん達の叡智

人生にとって健康は目的ではない。しかし、最初の条件なのである。


大切なあなたへの

地球と宇宙からの

10000の
叡智のお届けものです ☆

*☆•*¨*•.•*¨*•☆*

⚪ 1951 ⚪
本田健

幸せに成功している人は

優秀なアドバイザーグループを持っています。

経済関係、ビジネス、健康

精神的な面で的確なアドバイスを受けています。

⚪ 1952 ⚪
ジョセフ・マーフィー

信念、確信、熱心さ、情熱

自分自身を信じることなどが

そのうち健康、成功、富や

達成などに変換されていきます。

⚪ 1953 ⚪
アミエル

健康だと思い込んでる

病人は治せない。

⚪ 1954 ⚪
ホイットマン

何になるにもからだが肝心

健康でなくして

どうして宇宙とひとつになれよう。

⚪ 1955 ⚪
ホメロス

健康とは

健全な肉体に宿る

健全な精神のことである。

⚪ 1956 ⚪
二木謙三

食うこと少なくして
噛むことを多くせよ。

乗ること少なくして
歩くことを多くせよ。

着ること少なくして
浴ぴることを多くせよ。

悶ゆること少なくして
働くことを多くせよ。

怠けること少なくして
学ぶことを多くせよ。

語ること少なくして
聞くことを多くせよ。

怒ること少なくして
笑うこと多くせよ。

言うこと少なくして
行うこと多くせよ。

取ること少なくして
与えること多くせよ。

責めること少なくして
憂めること多くせよ

⚪ 1957 ⚪
武者小路実篤

人生にとって

健康は目的ではない。

しかし

最初の条件なのである。

⚪ 1958 ⚪
エマーソン

あなたの精神が

健康か否かを計る尺度は

どこにでも

良いことを見つけられるか否かである。

⚪ 1959 ⚪
デール・カーネギー

私たちは聖者と違って

自分の敵を愛するのは無理かもしれない。

けれども
自分自身の健康と幸福のために

少なくとも敵を赦し
忘れてしまおう。

嫌いな人について考えたりして
1分たりとも時間を無駄にしないことだ。

⚪ 1960 ⚪
スティーブン・R・コヴィー

多くの人が
「運動する時問などない」と考えがちだが

これは何ともゆがんだ考え方だ。

効果的な運動に要求される時間とは
一週間のうち3時間から6時間。

一日おきに30分費やせばいいのである。

それが残りの
162時間から165時間の生活に

どれだけ
大きな好影響を及ぼすかを考えれば

こんなに効率の良い投資はほかにない。

⚪ 1961 ⚪
石井ふく子

幸せは

まず生きていることの喜びであるように

健康が幸せの第一条件です。

そして

他人から与えられた
幸せは長続きしません。

幸せは自分でつくって
いかなければならないものであるし

努力して得た幸せは
それだけ満足度の度合いも強いものです。

⚪ 1962 ⚪
中村天風

健康も長寿も運命も成功も

極論すると、人生の一切合財のすべてが

積極精神というもので決定される。

⚪ 1963 ⚪
リチャード・バック

僕たちには常に
傍観者の部分があり

たとえ何が起ころうと
じっと見ている。

僕たちが
健康でいても病気でいても

幸福になろうと不幸になろうと

生きていても
死んでしまっても関係ない。

唯一の仕事は
僕たちの肩に座り

人間としての価値があるかどうかを
判断するだけだ。

⚪ 1964 ⚪
イングリッド・バーグマン

幸福の鍵は

健康と健忘ね。

⚪ 1965 ⚪
北大路魯山人

料理は自然を素材にし

人間の
一番原始的な本能を充たしながら

その技術を
ほとんど芸術にまで高めている。

⚪ 1966 ⚪
田崎真也

料理に関する一流を
あえて定義するなら

謙虚で気を配り
目配りができて

サービスに対する探究心を
失わない人のことだと思います。

⚪ 1967 ⚪🌕
北野武

料理人に会ったら料理のこと
運転手に会ったらクルマのこと

坊さんに会ったら
あの世のことでも何でも

知ったかぶりせずに
素直な気持ちで聞いてみたらいい。

自慢話なんかしているより
ずっと世界が広がるし、何より場が楽しくなる。

たとえ知っていたとしても
一応ちゃんと聞くのだ。

そうすれば、専門家というものは
きっとこちらの知らないことまで話してくれる。

井戸を掘っても
誘い水をしないと水が湧いてこないように

人との会話にも誘い水が必要なのだ。

⚪ 1968 ⚪
田中健一郎

この世で
いちばんおいしい料理は
お母さんの作る料理だ。

おいしいものを
食べさせようという気持ちが
いっぱいつまっているから

お母さんの料理が一番おいしい。

⚪ 1969 ⚪
中東久雄

ご馳走という言葉は

ほうぼう駆けずり回って
もてなしの準備をするという意味だ。

⚪ 1970 ⚪
田崎真也

お客様が店に来るのは

料理人の技術の高さや食材の新鮮さに

ため息をつくのが目的ではないんです。

自分が楽しむ、あるいは同伴者をもてなして

気持ちいい時間を
過ごすためにお金を払うのです。

そこを取り違えているようでは

どんなにいい腕をしていても
一流とはいえないでしょう。

⚪ 1971 ⚪
つかこうへい

料理を味わうのではなく

相手の心を味わう。

⚪ 1972 ⚪
一流料理人は
みな個性はそれぞれなのですが

強いていえば
好奇心が強ところが共通しています。

遊びや料理以外の活動にも

活発な人が多い気がします。

⚪ 1973 ⚪
サンジ『ワンビース』

皮むきでさえ

愛情を欠いては…

どんな料理もマズくなる。

⚪ 1974 ⚪
大沢在昌

女が料理に真剣になる時は

同じくらい真剣に惚れた男がいる。

⚪ 1975 ⚪
北大路魯山人

低級な食器に甘んじているものは

それだけの料理しかなしえない。

この料理で育てられた人間は

またそれだけの人間しか生まれない。

⚪ 1976 ⚪
栗原はるみ

私が決して
ブロフェッショナルとは思ってないんだけど

私ができることを
誰よりも楽しみながらやれて

それを一生懸命やり続けたいですね。

⚪ 1977 ⚪
カーネル・サンダース

店を清潔にしなさい。

スタッフには礼儀正しくさせなさい。

美味しい料理を出しなさい。

あとは懸命に働きなさい。

これで
成功できるとは限らないが
成功への第一歩にはなるだろう。

⚪ 1978 ⚪
徳同邦夫

僕は
湯木貞一(吉兆の創業者)になることはできない。

だったら自分らしい方法で
やるしかないと悟りました。

それまでの僕は

一人の料理人としての
腕を啓くことをまず考えていましたが

チームとして
いかに成果を出すかに発想を変えたのです。

⚪ 1979 ⚪
高橋淳

接客にこだわっていますから

アルバイトの時給も
同業他社より高くしています。

ファミリーレストランだと

スタッフとお客様との接点は
注文時と料理を運んできたときくらいですが

うちでは何度もお客様の席に伺います。

その分、スタッフの役割も重要です。

⚪ 1980 ⚪
三國清三

索材本来の味に近づく料理をつくろうと
感じはじめたのは40代です。

ひとつひとつの食材の
生産過程にも目を向け

素材を表現する料理こそが
オリジナルの三國料理だと

自信をもっていえるようになったのは

30代を終えて、しばらく経ってからである。

⚪ 1981 ⚪
五十嵐美幸

食材とお客さんを

つなぐのが料理人の仕事。

⚪ 1982 ⚪
三圈浦三

30代は、自分の料理を求め
暴走した時期だった。

わかってほしいという思いばかりが先走り
力技で成功を手に入れた。

しかし当時の私は
自分の料理を表現する言葉を
もっていなかった。

「料理とは、素材の表現にほかならない」ー。

シンプルだけど

本質的な言葉は、30代の異走期があって
ようやく見つかったものなのである。

⚪ 1983 ⚪🌕
ルフィー『ワンビース』

おれは剣術を使えねェんだコノヤロー!

航海術も持ってねェし!

料理も作れねェし!

ウソもつけねェ!

おれは助けてもらわねェと
生きていけねェ自信がある。

⚪ 1984 ⚪
ブライアン・トレーシー

あなたが持っている最大の資源は

時問なのです。

⚪ 1985 ⚪
アレクサンドル・ビネ

一番多忙な人間が

一番多くの時間をもつ。

⚪ 1986 ⚪
サミュエル・スマイルズ

やることを
誰よりもたくさん抱えていて

働く気のある人が
最もたくさんの時間を見出すことになる。

⚪ 1987 ⚪
藤原新也

日本では、一時間も無為でいると
何かせねば、と気がせいてくる。

インドでは何時間のんぴり過ごしても
落ち着いていられたのに。

こんな焦燥に駆り立てる文明は
病んでいるというほかない。

⚪ 1988 ⚪
作者不明
(イタリアのことわざ)

時間は人間のためにつくられており

人間が時間のためにつくられているわけではない。

⚪ 1989 ⚪
ヘンリー・フォード

たいていの成功者は

他人が時間を浪費している間に先へ進む。

これは私が長年、この眼で見てきたことである。

⚪ 1990 ⚪
本田宗一郎

時間だけは

神様が平等に与えて下さった。

これをいかに有効に使うかは

その人の才覚であって

うまく利用した人が

この世の中の成功者なんだ。

⚪ 1991 ⚪
ナポレオン・ボナパルト

お前がいつの日か出会う禍は

お前がおろそかにしたある時間の報いだ。

⚪ 1992 ⚪
スティーブ・ジョブズ

この地上で
過ごせる時間には限りがあります。

本当に大事なことを

本当に一生懸命できる機会は

二つか三つくらいしかないのです。

⚪ 1993 ⚪
アンソニー・ロビンズ

時間を自分のものにしてしまえば

多くの人が

一年でできることを過大評価していること

そして、

十年でできることを
過小評価していることがわかるだろう。

⚪ 1994 ⚪
イチロー

時間がきっちり決まってる。

動き出す時間
ストレッチの時間
ゲームに入る前の準備の時間。

きっちり決まっている。

それをこなしていったら

入っていっている。

意識がない。

意識なくスイッチが入っていっている。

⚪ 1995 ⚪
高橋尚子

私たちにとって

二度と来ない時間を

楽しい思い出にできることが

一番幸せなことだし

大切なことだとおもいます。

⚪ 1996 ⚪
ヴィクトル・ユーゴー

計画もなく

時間の使い方が

ただ成り行き任せにされていると

たちまち

混乱と無秩序の支配するところになる。

⚪ 1997 ⚪
ベンジャミン・フランクリン

失われた時間は二度と戻らないから

いわゆる「まだ早い」が

「まだ足りない」となる。

⚪ 1998 ⚪
セオドア・ルーズベルト

知恵の90%は

時間について賢くなることである。

⚪ 1999 ⚪
スティーブン・R・コヴィー

人は理解されたい。

だから

理解することに

どんなに大きな時間の投資をしても

必ずそれを上回る時間の回収ができる。

⚪ 2000 ⚪
アーノルド・シュワルツェネッガー

子供と過ごす時間は

今しかないということです。

親は子供のために
全力を尽くす責任があります。

子供の為に時間が取れない
などということはあり得ません。

*☆•*¨*•.•*¨*•☆*