偉人さん達の叡智

人は一目惚れをすると、約5〜7秒見つめている。


大切なあなたへの

地球と宇宙からの

10000の
叡智のお届けものです ☆

*☆•*¨*•.•*¨*•☆*

⚪ 2501 ⚪
DaiGo

サイコロジカルタッチという

自然なボディタッチが
相手の好感を生むという
心理テクニックがある。

ボディタッチをするのに
一番良いのは二の腕。

二の腕は一番警戒されにくい部分。

ここでタイミングを自然にすることが大事。

例えばお店に入って
席に案内するときにさりげなく二の腕触る。

ばれない程度のスキンシップを
回数をかさねることが大事。

 

⚪ 2502 ⚪
DaiGo

二人で2件目に行こうという時など
タイミングがつかみにくいときに使える方法。

一緒に飲んでいる時に飲み物を飲み
グラスを置くときに少し相手の方に近づける。

心の距離とは体の距離なので

隣で座っている場合
次に相手が飲んだ時にグラスの位置を

近づけるてくれるか離すのかで
タイミングを測ることができる。

 

⚪ 2503 ⚪🌕 一目惚れ
DaiGo

人は一目惚れをすると
約5〜7秒見つめている。

裏を返せば
5〜7秒目を合わせ続けられれば

相手に一目惚れをさせている
錯覚を作ることができる。

人間の脳は

行動から感情が生まれたのか
感情から行動が生まれたのかわからない。

つまり
見つめたから好きになったのか

好きだから見つめたのか区別できない。

 

⚪ 2504 ⚪🌕 嘘のつき方と見つめ方
DaiGo

そもそも
男性と女性のウソのつき方はまったく異なります。

そのひとつはアイコンタクトの長さ。

男性は
ウソを見破られるのを恐れて
目をそらそうとします。

いっぽう女性は
『自分のウソがバレていないかどうか」

を観察しようとして
相手をじっと見つめるのです。

女性に見つめられれば
たいていの男性は相手を信用してしまう。

だから
女性のウソは見破られにくいといわれています。

⚪ 2505 ⚪🌕 想像力と嘘
DaiGo

僕は、その人のクセをつかむために

たとえば

「昨晩、何を食べたか」
「好きな人に料理を作るとしたら
何を作ってあげたいか」

の2つの質問をします。

そのとき
ぼくが注視しているのは相手の目の動き。

1つめは相手に記憶をたどらせる質問
2つめは相手に想像力を働かせる質問なんです。

人はウソをつくとき想像力を働かせます。

⚪ 2506 ⚪
J・K・ローリング

どん底が

人生をやり直す強固な基盤となった。

⚪ 2507 ⚪
スティーブ・ジョブズ

何かを捨てないと前に進めない。

⚪ 2508 ⚪
室伏広治

弱い負荷しか体験したことのない人間は

強い負荷に耐えられない。

「負」に対する免疫を作るためには

どん底を恐れてはいけない。

⚪ 2509 ⚪🌕 成幸者の前提
トーマス・エジソン

成功できる人っていうのは

「思い通りに行かない事が起きるのは当然」

という前提を持って挑戦している。

⚪ 2510 ⚪
松下率之助

万策尽きたと思うな。

⚪ 2511 ⚪
本田宗一郎

困らなきゃダメです。

人間というのは困ることだ。

絶対絶命のときに出るカが本当の力なんだ。

⚪ 2512 ⚪
トーマス・エジソン

失敗すればするほど

我々は成功に近づいている。

⚪ 2513 ⚪
江原啓之

別れを意識するからこそ

時を大切に刻めるのです。

⚪ 2514 ⚪
江原啓之

人には言えないような苦しみが

襲ってきたとしても不安にならないで

あなたに乗り越えられないことはやってきません。

⚪ 2515 ⚪
江原啓之

誰にも理解されない..と

ふてくされてはいけません。

あなた自身がまず

あなたを理解し

一番の味方になることが大事なのです。

⚪ 2516 ⚪
江原啓之

難しい話をしているときほど

明るい笑顔や声が大切になります。

深刻そうにしていたら

相手も受け入れづらくなってしまうからです。

⚪ 2517 ⚪
江原啓之

長続きする人間関係の極意は

「腹六分」

なれ合いになっていくと

お互いにぶつかることのほうが

多くなりやすいのです。

⚪ 2518 ⚪
江原啓之

どんなに親しい間柄でも

甘えすぎてはいけないし

甘やかしすぎてもいけないのです。

⚪ 2519 ⚪
江原啓之

行動を起こす際に迷うことがあったら

それは大我か小我かを見つめ直してください。

自分のことを守りたいという
想いがあるうちは小我

誰かのために行動しようと思えるなら大我です。

⚪ 2520 ⚪
江原啓之

同じようなことでつまずくときは
先を急いで歩を進めるのではなく

ちょっと立ち止まってみてください。

問題の根本を見直さないことには
いつまでたっても解決はしません。

⚪ 2521 ⚪
江原啓之

もっと心の変化に敏感になって

迷いの答えも、実はあなたの心は知っています。

⚪ 2522 ⚪
江原啓之

つらいことがあっても

道半ばで諦めないでください。

人生はいつからでもやり直しがききます。

⚪ 2523 ⚪
江原啓之

この道がダメなら

こういう生き方もいいと

考えられる柔軟性を持つ。

⚪ 2524 ⚪🌕 あなたのご縁と波長
江原啓之

どうして
こんなひどい人と出会ったんだろう?

と釈然としない出来事があるかもしれません。

まず、あなた自身の波長が

低くなっていないかをよく分析してください。

⚪ 2525 ⚪
江原啓之

自分のなかの「天使」と「悪魔」が
せめぎ合う瞬間は誰にでもあるものです。

誰も見ていないからいいゃ…と
思うかもしれませんが

守護霊はいつでも見ています。

⚪ 2526 ⚪
江原啓之

努力してこなかった自分を棚に上げて

「必然だからこれもしょうがない」

と諦めてはいけません。

やれるだけのことをしてきましたか?

⚪ 2527 ⚪
江原啓之

「カルマの法則」は

愛にあふれた法則です。

過去に克服できなかった課題だからこそ

何度でもあなたの前にあらわしてくれるのです。

⚪ 2528 ⚪
江原啓之

転んで鼻血を出してもいい。

思いっきり泣いてもいいのです。

喜怒哀楽を味わい

経験を積むことを通して

たましいは磨かれていく。

⚪ 2529 ⚪
江原啓之

「失敗」は
あなたの魂を磨くための教材です。

同じことばかり繰り返すときは
「まだ乗り越えられていませんよ」というメッセージ。

⚪ 2530 ⚪
江原啓之

「どうして私だけがこんなに辛いんだろう」

と嘆きたくなってはいませんか?

けれども

その試練こそが
あなたを成長させてくれているのです。

意味のない問題は起こりません。

⚪ 2531 ⚪
江原啓之

客観的な視点を持った

「もうひとりの自分」を置くようにしましょう。

迷うことがあると

問題を複雑に考えすぎて
余計に悩んでしまいがちですが

もっとシンブルに見つめたほうが
解決の糸口が見つかります。

⚪ 2532 ⚪
江原啓之

人のことを悪く言いたくなるときには

「人の振り見て我が振り直せ」

ということわざを思い出しましょう。

自分のことを棚に上げていないかを
自らに問いかけましょう。

⚪ 2533 ⚪
江原啓之

家族というのは
ともに試練を乗り越えていく共同体です。

力を合わせて試練に立ち向かうなかで

家族は結東を固めていくのです。

⚪ 2534 ⚪
江原啓之

現代人は
「ウザイ」「キモイ」「ムカツク」など

口から発した途端に
波長が落ちそうな言葉を平気で使っています。

言霊のパワーは絶大で

現実化する力さえあります。

言霊を慎重に扱わなくては
大変なことになるのです。

⚪ 2535 ⚪🌕 念のエナジー
江原啓之

人間は
言霊のパワーを甘く見がちです。

好きな人に「嫌い」と言ったり
大切な人にきついことをと言ったり

例え嘘でも
口にする言葉には
言霊が宿り念のエナジーを運んでいるのです。

⚪ 2536 ⚪
江原啓之

幸せは
自分の心のなかにしか芽生えません。

幸せかどうかは
他人が決めるものでもなければ

人との比較のうえで
決まるものでもないのです。

⚪ 2537 ⚪
江原啓之

物質主義的価値観の蔓延する
この世がいやになることもあるでしょう。

しかし私たちは
理不尽な思いを抱き苦悩することを
最大の学びとして生まれてきたのです。

その泥沼から蓮の花を咲かせる
幸せを味わいましょう。

⚪ 2538 ⚪
江原啓之

人生に無駄なことは
ひとつもありません。

それなのに
無駄に思えてしまうとしたら

せっかくのその経験を生かせていないからです。

⚪ 2539 ⚪
江原啓之

やってみてもいないことに対して
「大丈夫かな」という不安にとらわれ

なかなか行動を起こせない人は
ある意味、想像力がたくましいのです。

だったらせっかくの想像力を
ポジティブなほうに生かすべき。

ポジティブな想像は、強い念力を生みます。

⚪ 2540 ⚪
江原啓之

急いでことを進めると
うまくいかない場合が多いもの。

感情に流されると
自分までも見失い大事なポイントを
見落としてしまうのです。

どんなときにも
冷静にものごとを見つめてください。

⚪ 2541 ⚪
江原啓之

世の中の良い面も悪い面も知った上で
自分の心と折り合いをつけ
自分なりの価値基準をもって生きましょう。

偏見で
人を排除して生きるのは

寂しいことです。

⚪ 2542 ⚪🌕 失言が多い人
江原啓之

失言が多い人に限って

相手から傷つけられると
過剰に反応するものです。

言動に責任を持てないのは

自分に甘く他人に厳しい
自己中心的な心の表れです。

⚪ 2543 ⚪
江原啓之

家庭の主婦は太陽です。

太陽はつねにさんさんと輝いて
家族を「無償の愛」で照らさなければなりません。

夫の出世や稼ぎ、子どもの成績にこだわる
物質主義的価値観は太陽の光をくもらせます。

⚪ 2544 ⚪
江原啓之

人生の試練はみな
魂を向上させるための学びです。

例えると

試練を乗り越えるのは
「進級」で他人の人生に学ぶのは「予習」

過去をふり返って自分を戒めるのは
「復習」です。

何度も同じ試練に遭う
「留年」が嫌なら精進するしかありません。

⚪ 2545 ⚪🌕 真の陰徳とは
江原啓之

「陰徳を積む」とは
人に知られることなく善行をなすことです。

自分でもよいことだと気づかないうちに
人知れずした行為により

結果的に人が幸せになるのが

真の「陰徳」です。

⚪ 2546 ⚪
江原啓之

どんな人間関係のトラブルも
解決するにあたって

最初に捨てなければならないのは
「自分が否定されている」という被害妄想です。

⚪ 2547 ⚪
江原啓之

本当の幸せとは
「失うことへの恐れ」をなくすことです。

そのためには

地位や名誉、財産、他者からの愛
健康や長寿といった物質的な欲望から

解き放たれる必要があります。

⚪ 2548 ⚪
江原啓之

結果が出るのには
時間がかかることもあります。

待つうちに焦りや不安が襲い
自分を見失いかけることもあるでしょう。

自分の行動にきちんと根拠がある人は
どんなに待たされようと、自分を信じて待てるのです。

⚪ 2549 ⚪
江原啓之

いたずらに不安になる時間があるなら
なんらかの努力することです。

思い悩んでいるうちは
まだまだ力を尽くしていないのかもしれません。

⚪ 2550 ⚪
江原啓之

自分の引き出しをたくさん持つこと。

特に、読書や映画、美術、
音楽鑑賞を通して感性を磨くことが

「人間力」につながっていきます。

*☆•*¨*•.•*¨*•☆*