偉人さん達の叡智

最初から、我々の目標は、「すべての机と、すべての家庭にコンピュータを」だった。


大切なあなたへの

地球と宇宙からの

10000の
叡智のお届けものです ☆

*☆•*¨*•.•*¨*•☆*

⚪ 2701 ⚪
ビル・ゲイツ

今日の情報社会では

人間の知性と技術
そしてリーダーシップが重要な資源だ。

これらの資源は
世界中に豊富に存在する。

だからこそ

人類の歴史の次の章は
とりわけ面白いものになるはずだ。

⚪ 2702 ⚪
ビル・ゲイツ

偉大なプログラマーと話をしてみれば

絵描きが
絵筆のことを熟知しているように

彼が自分の道具を
熟知していることがわかるだろう。

⚪ 2703 ⚪
ビル・ゲイツ

会社が成長するにつれ
組織内に小さな組織をどんどん増やしていった。

少人数のチームは
コミュニケーションも効率的だし

組織が大きすぎるために
スピードが落ちるといった障害もない。

⚪ 2704 ⚪🌕 マルチタスク
ビル・ゲイツ

1日の時間が足りないので
一度にふたつのことをやってみたくなる。

いまはエアロバイクで運動しながら
新聞を読むという芸を極めているところだ。

マルチタスク
(複数のことを同時に行うこと)
としては、

非常に実用的だと思うよ。

⚪ 2705 ⚪
ビル・ゲイツ

私は教える人間ではない。

学ぶ人間だ。

学ぶことが大好きな人たちとー緒に
仕事ができることを大いに気に入っている。

⚪ 2706 ⚪
ビル・ゲイツ

子供のころから
たくさん本を読んで

自分でものを考えろと
言われて育った。

両親は
本や政治や、その他いろいろなことについて
子供たちを交えて話し合った。

⚪ 2707 ⚪
ビル・ゲイツ

最初から、我々の目標は
「すべての机と、すべての家庭にコンピュータを」だった。

⚪ 2708 ⚪
ビル・ゲイツ

ウィンドウズに
どんな機能がついているべきかを
決めるのは誰なのか。

それは
ウィンドウズを買ってくれる消費者だ。

⚪ 2709 ⚪
ビル・ゲイツ

いまでもお金そのものには興味がない。

仕事と莫大な富と
どちらを選ぶと聞かれたら、仕事を選ぶ。

銀行の口座にある巨万の富よりも
何千人という才能あるチームを率いるスリルの方が

断然面白いからね。

⚪ 2710 ⚪
ビル・ゲイツ

私はものごとを
とことん突き詰めるのが好きなんだ。

そうすれば、たいてい良い結果が出るから。

⚪ 2711 ⚪
ビル・ゲイツ

一心不乱に働くこと
ベストを尽くすことが嫌だというなら

ここは君のいるべき職場ではない。

⚪ 2712 ⚪
ビル・ゲイツ

私は年に数回
「ThinkWeek(考える週)」を設けている。

その間は本を読んだり

同僚が時代に取り残されないようにと
選んでくれた資料に目を通したりして過ごす。

資料は
コンビュータ科学の
最前線の話題を扱った博士論文が多い。

⚪ 2713 ⚪
山田日登志

今日できることからやれば

「でっかいこと」も必ずできる。

⚪ 2714 ⚪
坂本幸雄

右に行くと決断し
間違ったら戻ればいい。

そう決めておけば

決断することは怖くありません。

⚪ 2715 ⚪
星野佳路

星野リゾートは
いまのところチャンピオンではありません。

チャレンジするプロセスこそが
自分たちの成長ですから。

⚪ 2716 ⚪
星野佳路

弊社の競争力とは

フラットな組線文化が
礎になっていると思っています。

それがあるから
星野リゾートらしさが体現できる。

そういう意味で次のリーダーは

その文化をきちんと継承している人

組織文化の中心になれる人
でなければならないと思っています。

⚪ 2717 ⚪
星野佳路

現場のスタッフに
お客様の情報が集中しますから

トップが情報を集約するのではなく
現場から変えていける組織になるのが理想的です。

リーダーの役割は
そのための環境を整備すること。

実際
私がまったく関与していないところで
上手くいっている現場はたくさんあるんです。

⚪ 2718 ⚪
星野佳路

たとえ厳しい状況でも

自分の正しいと思うことを
覚悟を決めてやり抜くことです。

強固な壁を突破する力も
必ずそこから生まれてくるのですから。

⚪ 2719 ⚪
星野佳路

いかに成功体験を積ませるか

これはチームが強くなるためには
重要だと思いますね。

⚪ 2720 ⚪
星野佳路

結果が出ない原因には
2つのことが考えられます。

仮説が間達っているのか
それともまだやり切れていないのかです。

⚪ 2721 ⚪
稲盛和夫

「ベスト」ではなく

「パーフェクト」を目指す。

⚪ 2722 ⚪
稲盛和夫

企業というものは
つきつめて考えれば人間の集団でしかない。

それをたんなる烏合の衆ではなく
一つの生命体としてまとまったものにするには

その集団のリーダー

つまり経営者が
社員から信頼され尊敬されていなければならない。

⚪ 2723 ⚪
稲盛和夫

世の中に失敗というものはない。

チャレンジしているうちは
失敗はない。

あきらめた時が失敗である。

⚪ 2724 ⚪
稲盛和夫

仕事の本当の喜びと
醍醐味を味わうためには、

渦の中心になって
周囲の人たちを巻き込むくらい

自発的に、積極的に
仕事に取り組まなくてはならない。

⚪ 2725 ⚪
稲盛和夫

(人は)信じていないものの為に
努力することはできないのです。

強烈な願望を描き
心からその実現を信じることが

困難な状況を打開し、
物事を成就させるのです。

⚪ 2726 ⚪
稲盛和夫

失敗する人は

壁につきあたった時
実際できないものと
はじめから決めてかかっているのです。

言い換えれば

努力をすることはするのですが
あるレベル以上はしないのです。

こういう人は
壁に突き当たったとき

ごく体裁のいい口実をつけて
努力をやめてしまうのです。

⚪ 2727 ⚪
稲盛和夫

大胆なだけでは
パーフェクトな仕事はできません。

一方、繊細なだけでは
新しいことにチャレンジする勇気は生まれません。

仕事をする場合

どうしても豪快さと緻密さという

二律背反するような性格を備え
局面によって使い分けられる人であることが必要です。

⚪ 2728 ⚪
稲盛和夫

人間として正しいことをすれば

宇宙は応えてくれる。

⚪ 2729 ⚪
稲盛和夫

経営者の人格が高まるにつれ

企業は成長発展していきます。

⚪ 2730 ⚪
稲盛和夫

才覚が
人並みはずれたものであればあるほど

それを正しい方向に導く
羅針盤が必要となります。

その指針となるものが

理念や思想であり、
また哲学なのです。

⚪ 2731 ⚪🌕 パーフェクトとは
稲盛和夫

ベターが
他に比較して相対的に
より良いという意味であり

またベストが
それらの中で最良のもの
という意味なのに対し

バーフェクトとは
自らの内なる理想に対する
あくなき追求心のことを言います。

⚪ 2732 ⚪
稲盛和夫

強い願望を持っている人は

問題を解決するために
創意工夫と努力を始め

目的に到達するまで
決してあきらめないのです。

⚪ 2733⚪
稲盛和夫

どんな仕事でも喜んで引き受けてください。

やりたくない仕事も
意に沿わない仕事も

あなたを磨き
強くする力を秘めているからです。

⚪ 2734 ⚪
稲盛和夫

今日一日を「生きる単位」として

その一日一日を精一杯に生き

懸命に働くこと。

そのような地道な足取りこそが
人生の王道にふさわしい歩み方なのです。

⚪ 2735 ⚪
稲盛和夫

アメーバ経営では

自分(自分のアメーバ=採算単位)さえ
よければいいという利己的な考え方で

行動するのではなく

会社全体の発展のため
全アメーバ、全従業員の力を

結集することが求められているのである。

⚪ 2736 ⚪
稲盛和夫

情熱さえあれば

自分に能力がなくても
有能な人たちを自分の周囲に配置すればよいのです。

たとえ資本や設備がなくても

自分の夢を一生懸命に語れば
それに応えてくれる人たちが出てくるのです。

⚪ 2737 ⚪
稲盛和夫

「ここまでしかできない」といった
頑固な固定観念を持っていると

壁を破り
一線を越えて成功にいたることができなくなります。

⚪ 2738 ⚪
須藤元気

結局試合に勝っても負けても
僕にとっては勝ちなんだ、

ということに気付いたんです。

実際、負けることによって
勝ったときの喜びもわかりますし。

大切なのは、行動して体験すること。

⚪ 2739 ⚪
須藤元気

すべての人生は等価であり

真実も百人百通りである。

⚪ 2740 ⚪
須藤元気

損得を考えて行動しても

突き抜けたことは出来ないし
すぐに挫折する。

情熱のエネルギーが大切。

大変でも夢があれば大丈夫。

ワクワクする感情に従って行動すれば
間違いないと思いますよ。

⚪ 2741 ⚪
須藤元気

「真の先生」とは
多くの生徒を持つ人のことではなく

多くの師を作り出せる人のことである。

⚪ 2742 ⚪
須藤元気

最終的に人が必要とするのは

智恵ではなく、覚悟かもしれない。

⚪ 2743 ⚪
須藤元気

新しい発想は

たいてい常識のワクの外にある。

⚪ 2744 ⚪
須藤元気

一流の人が集まる場所に身を置いたり

常に一流の空気
あるいは波動に触れるようにしていると

自分もだんだん一流になる。

⚪ 2745 ⚪
須藤元気

一流の人が集まる場所に身を置いたり、
常に一流の空気、あるいは波動に

触れるようにしていると、自分もだんだん一流になる。

⚪ 2746 ⚪
安藤忠雄

人間、極限まで追い込まれて
はじめてたどり着く境地があります。

ひとたびその境地を経験した人は

些末な事柄にとらわれない
大局的な視野を持つことができ

どんなときでも
平常心を保つことができるようになるのだと思います。

⚪ 2747 ⚪
安藤忠雄

個性と個性がぶつかり合う中でこそ
新しい発想が生まれます。

個性のない者同士が
いくら意見を交わしても

そこから生まれてくるものは何もありません。

⚪ 2748 ⚪
安藤忠雄

極限の状況を乗り越えられるのは

「この先にもっと面白いことがあるぞ」

と思えるからでしょう。

⚪ 2749 ⚪
安藤忠雄

ギリギリの状態に
何度も追い込まれた人でないと

直感力は働かない。

最近の若い人には
優秀な人材がたくさんいますが

ギリギリまで
追い詰められたという経験がないから

直感力がないんじゃないかと思います。

⚪ 2750 ⚪
安藤忠雄

人間にとって本当に幸せは
光の下にいることではないと思う。

その光を遠く見据えて
それに向かって懸命に走っている

無我夢中の時間の中にこそ
人生の充実があると思う。

*☆•*¨*•.•*¨*•☆*