偉人さん達の叡智

私は、「定年」という言葉を なくしたいと考えています。


大切なあなたへの

地球と宇宙からの

10000の
叡智のお届けものです ☆

*☆•*¨*•.•*¨*•☆*

⚪ 2901 ⚪
出井伸之

これまでの
日本の教育はメモリー重視です。

本を読んで
目に入った内容を頭に記憶し、手で再現する。

単純な記憶型です。

入ったものを加工し
違う形でアゥトプットする回路が欠落しています。

⚪ 2902 ⚪
出井伸之

人の話を聞く姿勢がない人は
その先には進めません。

生意気盛りの人にとって
おそらく耳に痛いことは聞き入れにくいものです。

しかし

そうしたことを
言ってくれる人がいるということは

とても重要なのです。

⚪ 2903 ⚪
出井伸之

ユーザーの立場に近いものほど
イノベーションを起こす可能性が大きい。

したがって

大企業からではなく
小さな企業からイノベーションが
生まれるチャンスが広がっている。

⚪ 2904 ⚪
出井伸之

私は「定年」という言葉を
なくしたいと考えています。

日本人男性の寿命が
80歳を超えている今

20歳過ぎから働き始めれば
そこから60年もの時間がある。

私はソニーを卒業してから
クオンタムリープを設立しました。

若手起業家の支援活動などを行っていて

現在も
数多くの進行中プロジエクトを手掛けています。

IT系だけでなく
製造業やサービス業まで

これから伸びていく企業を幅広く応援しています。

これらは社会貢献になるし
私に課せられた役割だと考えています。

⚪ 2905 ⚪
出井伸之

人の欠点は目立ちます。

一方で
それを初めから指摘したのでは反発されるだけです。

まずは相手の良い面を見つけて
信頼関係を築いた上で

ネガティブなことを伝えた方が
相手も耳を傾けてくれる。

⚪ 2906 ⚪
出井伸之

「なぜ日本のメーカーはiPhoneを生み出せなかったのか」

とよく言われる。

日本では
通信事業者(キャリア)が政府によって保護され

市場を寡占してきたため
メーカーに対して圧倒的に優位な立場にある。

発注者が限られていれば
受注者は言いなりにならざるをえない。

発売時期や新機能
細かい仕様に至るまで

キャリアから指示を受けるメーカーに対して
「独創的であれ」というのは酷な話だ。

⚪ 2907 ⚪
出井伸之

イノベーションとは
単なるハードに限らない。

また特にITにおいては
メーカーだけではなく、
ユーザーの視点から生み出されることも多い。

たとえば

Googleを創業した
ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンは

ユーザーの視点から
イノベーションを起こした。

日本ではNHN Japanの森川亮社長が
「LINE」というイノベーションを起こしている。

すでにある技術を組み合わせることで
社会的に必要性のあるものを生み出すこと。

それがいまのイノベーションである。

⚪ 2908 ⚪
出井伸之

私は日本企業の改革について

「企業を二つに分け、既存の事業を行う
組織と新しいことに注力する組織につくり替えよ」

と公言している。

第ーで従来型の経営を続け
第二では創造的な取り組みをする。

旧体制をつくり替えるのは難しいが

新たに「第二」を走らせることで
新しい芽を育てていく。

⚪ 2909 ⚪
出井伸之

日本という国は
足し算の文化だと思うのです。

アメリカの文化は
Aがあって次にBに変わったら
Aはなくなってしまう。

でも、日本の文化は違います。

AプラスBという形で
変わっていくことができるのです。

AからBになっても、Aはなくならない。

それが足し算の文化なんです。

⚪ 2910 ⚪
出井伸之

私は社長としての功績について
あまり考えないことにしています。

社長というのは具体的に何もやらない。

判断したり
会社の方向性とか
空気を変えるということが仕事なんです。

会社というのは
ひとつのことをやろうと思ったら
組織で大勢の人が動くでしょう。

うまくいったときは
みんなでよかったよかったと言って

心の中で俺がやったんだと
思っていればいいんです。

⚪ 2911 ⚪
デンゼル・ワシントン

その願望が

良いものであるならば

叶えられます。

⚪ 2912 ⚪
デンゼル・ワシントン

あなたの物になる全てに

前もってお礼を言ってください。

⚪ 2913 ⚪
バラク・オバマ

皆さん(国民)が私を誠実にしてくれ

希望を持たせてくれ

行動する勇気を与えてくれました。

毎日皆さんから学ぶことがあり

皆さんが私を
より良い大統領に育ててくれたのです。

⚪ 2914 ⚪
バラク・オバマ

私達は
「一つの家族の一部である」という考え方です。

これこそが

私達が
伝えていかなくてはならない物語です。

(2016年5月27日、平和記念公園のスビーチ)

⚪ 2915 ⚪
バラク・オバマ

子供を育てようという勇気が

あなたを父親にする。

⚪ 2916 ⚪
バラク・オバマ

今、教育をどうしていくかと
各界のリーダーが決めていくことこそが

今後続く世代を取り巻く

世界を形作っていくことになる。

⚪ 2917 ⚪
白川英樹

今の若手が置かれた状況は心配です。

大学では
3年や5年といった任期制のボストが増えています。

実験室の立ち上げに1年
実験データを整理して論文を害くのに1年

論文を1本かけるか書けないか
そんなところで評価されてはたまりません。

落ち着いて研究できないし

短期間で論文を害ける
テーマしか選ばなくなります。

独創的な研究は出にくくなると思います。

⚪ 2918 ⚪
白川英樹

ノーベル賞を受ける前も

海外の幾つかの大学や研究機関からは
ポストの申し入れがありました。

しかし
ノーベル賞をもらってからは、話が別です。

日本の大学や研究機関から
いっぱい話が来ています。

「なんで今ごろ」だと言いたいです。

⚪ 2919 ⚪
白川英樹

皆さん僕のこと
ノーベル賞もらうくらいだから

秀才だ、秀才の中の秀才だ
と思うかもしれませんが

僕は幼稚園から、小学校、中学校、
高校と大学も含めていろんな学校を
経験してるんだけども

その学校で一番になったこともないし
秀才だって言われたこともないし

どちらかというと
平均的なあまり目立たない生徒であり学生であったんです。

⚪ 2920 ⚪
白川英樹

日本は

発想がない民族ではないが

つぶす風土がある。

⚪ 2921 ⚪
西野亮廣

目を向けなきゃいけないのは

自分のことを嫌う人の数ではなく
自分のことを好いてくれる人の数。

⚪ 2922 ⚪
西野亮廣

僕の過去に
ネガティブな出来事があったとして
これをほっといたらネガティブなままですけど

笑い話にした瞬間に
「あ、ネットで炎上してよかったな」とか
「フラれてよかったな」とか

いくらでも
変えていくことができるんですよ。

⚪ 2923 ⚪
西野亮廣

新しいものを理解できない人って
自分が恥をかくのが怖くて

まず否定するんですよ。

⚪ 2924 ⚪
西野亮廣

酔っ払ったノリで
サービスや会社を作る僕を

自由に泳がしてくれる
芸能事務所なんて、吉本興業以外にない。

⚪ 2925 ⚪
西野亮廣

(嫌われることは怖くないのか?)

全然。

赤の他人の声よりも
呑み友達と一緒に見ている末
来を実現させることに興味があるので。

⚪ 2926 ⚪
西野亮廣

僕はトークライブを
ずっとやっているのですが

絵本を描いたり
個展を開くようになってから

お客さんの数がーけた増えたんです。

⚪ 2927 ⚪
西野亮廣

やっぱり時代が大きく変わったのは
たとえばクラウドファンディングのような

「個人の信用をお金に両替する両替機」が
ポコポコ出てきたことだと思う。

オンラインサロンなんかも

「信用をお金に両替する両替機」で

普段の言動をジャッジしてもらい

「コイツには月々1000円を支払っても
値段相当のメリットが享受できる」という

“信用”や”信頼”が、お金に変わっている。

⚪ 2928 ⚪
西野亮廣

ファンがいないと
何が辛いかというと

仕掛けることができないんですよ。

⚪ 2929 ⚪
西野亮廣

お金は信用さえしてもらったら
後からついてきますから。

そのことを確信できてから

物事を
より純粋にシンプルに考えられるようになりました。

⚪ 2930 ⚪
西野亮廣

肩害きなんて

どんどん価値がなくなっていく。

⚪ 2931 ⚪
西野亮廣

ストレスを抱えながら
「お金」を取り行くようなバ力なことは

とっとと辞めて
『信用」を取りに行った方がいいと思います。

⚪ 2932 ⚪
西野亮廣

自分の本を売ることばかり考えて

出版業界全体を底上げするために

動いている人が見当たらない。

⚪ 2933 ⚪
西野亮廣

ストレスを抱えながらも
働いている理由って、お金ですよね。

でも、どうですかね。

お金って
ストレスを抱えて得るほどのものですかね?

お金の価値は今
どんどん下がっていませんか?

⚪ 2934 ⚪
大泉洋

撮影中も
下手したら

自分の演技や体力を犠牲にしてでも
現場を楽しい雰囲気にしようとします。

⚪ 2935 ⚪
大泉洋

どんな結果になっても

後の自分に必要な経験。

⚪ 2936 ⚪
大泉洋

一度出会って
深く関わった人とは別れたくないんですよね。

その人との
つながりをずっと大事にしたい。

⚪ 2937 ⚪
大泉洋

役作りについて聞かれるんですけど
家で考え込むことはなくて

現場に来て
そこにあるセットを見たり

共演者と
実際にお芝居をしたりする中で

対応していくことが多い。

⚪ 2938 ⚪
大泉洋

辞める美学よりも

ボロボロになっても

続ける美学のほうが

カッコいいと思う。

⚪ 2939 ⚪
大泉洋

実は僕

今までオーディションを受けたことがないんです。

⚪ 2940 ⚪
大泉洋

何が起きるかわからなくても

とりあえずやってみよう。

⚪ 2941 ⚪
オノ・ヨーコ

できるだけ

人生を楽しんでね。

本当に
楽しいかどうかなんて考えないで。

⚪ 2942 ⚪
オノ・ヨーコ

この世界は

今の人生がいつも最高なのよ。

⚪ 2943 ⚪
尾田栄一郎

普通のマンガの3
倍のエピソードを盛り込むのが自分のテーマ。

⚪ 2944 ⚪
尾田栄一郎

「ONE PIECE」は

最後がいちばん盛り上がるマンガにします。

⚪ 2945 ⚪
尾田栄一郎

僕が「ONEPIECE」を
描き続けられるモチベーションの一つに

最終章を描きたいというのがあるんです。

⚪ 2946 ⚪
尾田栄一郎

(キャラをつくるとき、設定を重視する?)

いゃ、ノリですね。

ノリは大切にします。

⚪ 2947 ⚪
尾田栄一郎

(自分の漫画で好きなキャラは?)

尾田:
ぼくは..ルフィはもちろん好きですよ。

一番気に入ってるのは
ガイモンさん。

あの発想はなかなか超えられないですよ。

⚪ 2948 ⚪
尾田栄一郎

新しい担当さんに最初に必ず言う事は

「僕にアイデアを出すな」です。

⚪ 2949 ⚪
尾田栄一郎

追いつめられれば

追いつめられる程

自分でもわからないパワーが出てくる。

⚪ 2950 ⚪
尾田栄一郎

人をつなぐことが

僕が漫画を描くことの意味。

*☆•*¨*•.•*¨*•☆*