偉人さん達の叡智

明日は必ず来る。そして、明日は今日とは違う。


大切なあなたへの

地球と宇宙からの

10000の
叡智のお届けものです ☆

*☆•*¨*•.•*¨*•☆*

⚪ 3351 ⚪
ビーター・ドラッカー

明日は必ず来る。

そして

明日は今日とは違う。

⚪ 3352 ⚪
ビーター・ドラッカー

たいていの経営者は

その時間の大半を

過ぎ去った

「きのう」の諸問題に費やしている。

⚪ 3353 ⚪
ピーター・ドラッカー

後継者を
自分一人で選んではならない。

どうしても
20年前の自分に似た者を選ぴたくなる。

⚪ 3354 ⚪
ピーター・ドラッカー

一つの成果を得る為には

数千のアイデアを育てなければならない。

⚪ 3355 ⚪
ビーター・ドラッカー

優れた医者というのは

正しい診断を
最も多く下す人ではない。

誤った診断をすばやく見つけ

それを直ちに改めることのできる人である。

⚪ 3356 ⚪
ピーター・ドラッカー

生産性を向上させるためにまず問うべきは

何が目的か

何を実現させようとしているか

なぜそれを行うかである。

⚪ 3357 ⚪
ピーター・ドラッカー

市場において目指すべき地位は

最大ではなく、最適である。

⚪ 3358 ⚪
ピーター・ドラッカー

マーケティングの理想は

販売を不要にすることである。

つまり

製品がおのずから
売れるようにすることである。

⚪ 3359 ⚪
ピーター・ドラッカー

重要なことは

明日何をするかではなく

今日、何をしたかである。

⚪ 3360 ⚪
ピーター・ドラッカー

生産性を上げる
一番簡単な方法は


一番成果が出ている仕事に集中し

成果が出ていない仕事からは

撤退してしまうことである。

⚪ 3361 ⚪
ピーター・ドラッカー

これまでの実績など捨てなさい。

自分の強みを過信した者は

生き残れません。

⚪ 3362 ⚪
ピーター・ドラッカー

砂漠では、教養など何の役にも立たない。

生きる技術を持っているかどうかが

生き残れるかどうかを分ける。

厳しいビジネスの世界も同じである。

⚪ 3363 ⚪
ピーター・ドラッカー

組織の活動というのは

「いかに世の中に貢献していくか」

という一点に集約される。

⚪ 3364 ⚪🌕 必要な能力だけを
ピーター・ドラッカー

成功する人間に必要な

生まれつきの能力などありはしない。

ただ、あなたが成し遂げたいことに

必要な能力だけを身につければいいのだ。

⚪ 3365 ⚪
ピーター・ドラッカー

組織のマネジメントとは

凄い人材を入れることや
改新的なサービスを導入する事
のように思われているが

一番重要なのは

今ある人材と資産で
何ができるかを考えることである。

⚪ 3366 ⚪
ピーター・ドラッカー

世界ーになりなさい。

さもなければ撤退しなさい。

⚪ 3367 ⚪
ビーター・ドラッカー

コミュニケーションで
一番大切なことは

相手が口にしていない言葉を
聞き分ける力である。

⚪ 3368 ⚪
ビーター・ドラッカー

あらゆる活動について

「もし今日これを行っていなかったとして、改
めて行うか」

を問わなければならない。

答えが否であるなら

「それでは、いかにして一日も早くやめるか」

を問わなければならない。

⚪ 3369 ⚪
ビーター・ドラッカー

不得手なことの改善に
あまり時間を使ってはならない。

自らの強みに集中すべきである。

⚪ 3370 ⚪
ピーター・ドラッカー

焦点の定まった
明確な使命がなければ

組織はただちに
組織としての信頼性を失う。

⚪ 3371 ⚪
ピーター・ドラッカー

教養ある人間は

勉強し続けなければならない

ということを自覚している。

⚪ 3372 ⚪
ビーター・ドラッカー

人の卓越性は

ひとつの分野

あるいは
わずかの分野においてのみ

実現されるのである。

⚪ 3373 ⚪
ピーター・ドラッカー

21世紀に重要視される

唯一のスキルは

新しいものを学ぶスキルである。

それ以外は
すべて時間と共にすたれてゆく。

⚪ 3374 ⚪
ピーター・ドラッカー

我々が行動可能なのは

現在であり、また未来のみである。

⚪ 3375 ⚪
ピーター・ドラッカー

寝床につくときに

翌朝起きることを
楽しみにしている人間は

幸福である。

⚪ 3376 ⚪
ピーター・ドラッカー

一番確実な

未来予知の方法は

末来自体を

作り出してしまうことである。

⚪ 3377 ⚪
ビーター・ドラッカー

未来を予知しようとすることは

夜中に田舎道を
ライトもつけずに走りながら

後ろの窓から
外を見るようなものである。

⚪ 3378 ⚪
ピーター・ドラッカー

最も重要なことから始めなさい。

⚪ 3379 ⚪
ピーター・ドラッカー

チャンスとは

一つのことに
心に集中することによって

かろうじて
見つけることができるものである。

⚪ 3380 ⚪
ビーター・ドラッカー

選択肢を前にした

若者が答えるべき問題は

正確には

何をしたらよいかではなく
自分を使って何をしたいかである。

⚪ 3381 ⚪
ビーター・ドラッカー

真のイノベーションと
新奇さを混同してはいけない。

イノベーションは価値を生む。

新奇さは面白いだけである。

ところが組織の多くが
毎日同じことを行い

毎日同じものを
つくることに飽きたというだけで

新奇なものに取り組んでしまう。

⚪ 3382 ⚪
ピーター・ドラッカー

会計学者や経営者は
「純利益」という言葉を使うが

企業経営では
そんな言葉を使ってはいけない。

「フューチャー・コスト(未来費用)」
と呼ぶべきだ。

企業というのは
リスクを負うために失敗することもある

そのときのために

未来のコストを留保してあるのであって
利益の蓄積ではないのだ。

⚪ 3383 ⚪
ピーター・ドラッカー

現実とつじつまが合わない
イノベーションを手掛けてはいけない。

そのようなイノベーションが
実を結ぶことは希である。

たんにその新奇さのゆえに
魅力的に見えることが少なくない。

しかし、それらの多くは

たとえ失敗しなくとも
莫大な資金と時間を要する。

⚪ 3384 ⚪
ビーター・ドラッカー

もしマーケティングが

完全に行われていたら

販売努力は不要だ。

⚪ 3385 ⚪
ビーター・ドラッカー

企業の目的は
顧客創造である以上

企業の基本的な機能は

マーケティングと
イノベーションの2つしかなく

そのほかはすべてコストだ。

⚪ 3386 ⚪
ビーター・ドラッカー

時間こそ
真に普遍的な制約条件である。

あらゆる仕事が
時間の中で行われ、時間を費やす。

それなのに

ほとんどの人が

この代替できない必要不可欠な資源を
重要ではないもののように扱う。

⚪ 3387 ⚪
ピーター・ドラッカー

成果をあげるための秘訣を

ひとつだけ挙げるならば

それは集中である。

⚪ 3388 ⚪
ピーター・ドラッカー

イノベーションを成功するためには

小さくスタートしなければならない。

大がかりであってはならない。

具体的なことだけに

絞らなければならない。

⚪ 3389 ⚪
ピータードラッカー

効果的な経営者の共通点は

ひたすらひとつの作業に
集中する点にある。

彼らは最も大切なことのみを行い
そのことが完了するまで

他の事に
目を向けないという集中力を持っている。

⚪ 3390 ⚪
ビーター・ドラッカー

自らに求めるものが
少なければ、成長しない。

多くを自らに求めるなら

成長しない者と
同程度の努力で巨人に成長できる。

⚪ 3391 ⚪
ピーター・ドラッカー

学ぶという事は

一生続く変化に
遅れないようについていくための

プロセスだという事実を
私たちは今では受け入れている。

そして

最も緊急な課題は
人々に学び方を教えることである。

⚪ 3392 ⚪🌕 より洗練させること
ピーター・ドラッカー

効率とは

現在既に行われている事を

より洗練させることである。

⚪ 3393 ⚪🌕 全力を
ピーター・ドラッカー

全力を注がなければ

単に約束と希望があるだけで

計画はない。

⚪ 3394 ⚪
ピーター・ドラッカー

21世紀の最大の不安定化要因は

人口の構造変化である。

ただし
先進国における最大の問題は

高齢化ではない。
少子化のほうである。

⚪ 3395 ⚪
ピーター・ドラッカー

企業は
なによりも”アイデア”であり

アイデアを生むことのできるのは
個々の人間だけである。

勇を鼓して自ら思考し
“既成観念”にあえてそむける人なくして

その企業の成長と繁栄は望めない。

⚪ 3396 ⚪
ピーター・ドラッカー

管理者は

高潔な品性をもってこそ

指導力を発揮し

多くの人の模範となりうる。

⚪ 3397 ⚪
ビーター・ドラッカー

効率とは
物事を正しく行うことで

有効性とは
正しいことを行うことである。

⚪ 3398 ⚪
ピーター・ドラッカー

決断の場面においては

トップは常に孤独である。

⚪ 3399 ⚪
ピーター・ドラッカー

他人の短所が目につきすぎる人は

経営者には向いていない。

長所を効果的に発揮させるのが

自分の仕事だと考える人が

有能な経営者になれる。

⚪ 3400 ⚪
ピーター・ドラッカー

誰でも
自らの強みについてはよく分かっている。

だが
たいていは間違っている。

わかっているのは
せいぜい弱みである。

それさえ
間違っていることが多い。

🌕 特別言霊 🌕

今この瞬間をたっぷり味わうことができなければ
明日やその先の未来なんて決して重要になりえない。
〜 アラン・ワッツ 〜

*☆•*¨*•.•*¨*•☆*