市販薬と処方箋での薬の違いって?


市販薬と病院で処方される薬との違いって・・・

 

前回、有効期限切れの薬の効果は?

ってことで書きましたが(ここです)、

市販薬と病院処方される薬の違いについて

どんな違いがあるんでしょうか?

imgres

 

病院で処方される薬(医薬品)は、

『処方せん医薬品』と言って、市販薬には

使用できない薬剤を使用している物が含まれているのが

ほとんどです。

 

一般の市販薬のように気軽に?販売できないのは

使用する量、使用法、使用期間などをきちんと

医師や薬剤師が管理しないと思わぬ副作用等が起こる。

 

言い換えると、その効果(主作用)も悪い効果(副作用)も

どっちもの効果の強い薬なんです。

 

また処方箋が必要な医薬品は、

市販薬と同じ成分とは言っても、その含有量は

市販薬より多いんです。
例えば軟膏のような塗り薬でも、

湿疹などに使用するステロイド剤配合の塗り薬なんかは、

症状を見ながら医師の指示で使用しないと

思わぬ副作用が出てしまう場合があったり、

 

消炎鎮痛剤配合の貼り薬も

市販薬よりも強い成分を使っているものがあるので、

過度の使用で副作用が起こる可能性も高くなります。

 

市販薬より効き目が強い分、副作用も多いということを

理解しておく必要があります。

 

クスリはリスクとも言います。

基本的には「毒を以て毒を制す」ものと理解し、

薬を用いない生活習慣の改善は

日々行っていきたいものですね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です