体の動かし方~笑う門には福来たる~|喜怒哀楽感情コントロール③


体の動かし方で、

喜怒哀楽のコントロールを行う。

images

 

体の動かし方で感情のコントロールが

できるっていったらどんなかだの動かし方を

想像しますか?

 

笑う

笑顔をつくる

背筋を伸ばす

運動をする

スキップする ・・・等など

 

いろいろ体の動かし方ってあります。

 

落ち込んでいるとき、

顔の表情ってどうですか?

怒りの感情があるときの顔は

どんな顔してますか?

 

眉間にシワを寄せた顔

どんよりとして覇気のない顔

鏡も見たくない顔ですよね。

 

嫌なことがあったりして

負の感情を持ったとき、身体の筋肉が

こわばります。

つまり緊張している状態になります。

 

そのこわばった状態を緩めてあげるだけで

感情も緩んでくるんです。

確かに、ダラっ~とした状態で「私怒ってます」

って人はいませんよね。

笑いながら怒るのは竹中直人さんくらいです(笑)

 

身体を意識的に使うことで体の強張りを取るって

非常に効果あるんでやってみてください。

 

例えば、笑顔。

「笑う門には福来る」って言われるくらいです。

笑顔は福を引き寄せます。

 

意識的にでも笑顔作ってください。

最初は意識的でも、自然と体の筋肉が

使い方を覚えていつも笑顔を絶やさない

顔になってきます。

 

そして、スキップ・・・

今すぐやってみてください。

やっているうちになんだか

楽しくなってくるはずです。

 

スキップって楽しい時にやるものじゃないですか。

意識的に行えば楽しい感情が後からついてきます。

この時、スキップができないとか、やり方とか

考えなくていいです。

自己流でOK!

そっちの方に意識が行くと楽しい感情が

芽生えなくなっちゃいます(^_^;)

 

飛び跳ねるなどジャンプでもいいですよ~

 

嫌なことがあったら笑顔やスキップ、ジャンプなど

より意識してみてください。

気持ちの切り替えができるはずです。

 

喜怒哀楽の感情が与える健康への影響とは

ここまで紹介した方法

1 物事の捉え方、解釈の方法

2 言葉の使い方

3 体の動かし方

 

これらをを使って

感情をコントロールしストレスフリーな

人生を歩みましょうね。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です