成功法則

行動が現実を変えるってわかってるんですが・・・


「行動すること」が現実を変える。

今を変えたければ今までと違った行動をしなさい。

なんてよく言われます。

images

わかちゃいるけど・・・

これがなかなかできないんですよね~(-_-;)

あなたもそうじゃないですか?

ココ、多くの人の悩みですよね。

 

私は動けない時、「今はタイミングじゃないんだ」

なんて、一人納得するようにもしていますが・・・

「自分が○○になりたい。」

「こうしたい。」

などのパッションがまだまだ低いのかも

しれないですね~。

 

実行する一つのテクニックとして

周りに宣言しちゃうって方法があります。

 

「有言実行」と「不言実行」

あなたがそのどちらのタイプかわからないですが、

私は、後者の「不言実行」タイプ。

 

もしできなかった時に誰にも言い訳しなくても

いいですからね(^_^;)

自分自身で逃げ道を用意してる感じです。

 

そこで、私は周りに宣言することで、

逃げ道をシャットアウトして半強制的に

自分を追い詰める方法を取ることがあります。

 

宣言するってことは、やりきらなきゃっていう

強い動機になるんですね。

もし達成できなくてもそこに近づくことができるし、

違ったアプローチ方法も発見できます。

その点では、経験することで見えてくるものが

違ってきます。

 

周りに公言することで達成要求が強まるという

ことを証明する有名な実験があります。

 

1955年

社会心理学者のモートン・ドイッチュと

ハロルド・ジェラードが学生たちに

ある実験を行いました。

 

学生を3つのグループにわけて、

どのグループにも何本かの線を見せて、

その長さを当てるというクイズを出した。

 

それぞれのグループには、ルールがありました。

 

①のグループ:自分たちの推測を紙に書いて、

それに署名し、提出しなければならない。

 

②のグループ:自分たちの推測を紙に書いたけど、

あとから消しゴムで消す事ができた。

 

③のグループ:

推測を紙に書かなくてもよく、

心の中で覚えているだけでいい。

 

その後、線の長さに関する「ヒント」が

提示された際に各グループの反応が変わりました。

 

①のグループは自分たちの推測に最もこだわりを持ち。

 

③のグループは最も簡単に答えを変えた。

 

このことから、

自分の誓いや信念、努力目標などをを公言すると、

それを守らなければいけないと感じます。

 

自分が言った事を撤回することはできますが、

そこには、心理的に「引け目」を感じる事になるみたいです。

なので、人にしゃべることで半強制的に

行動せざる負えない状況に追い込まれる心理状態に

なるようです。

 

どうしても一歩が踏み出せない時には

人に宣言することで行動が後押しされます。

そして先ほどの①のグループの実験のように

その行動を取り続ける強い動機になってくれます。

 

そして、自分が宣言し行動することで

応援してくれる人が現れるっていうのもその

効果の一つとしてあります。

 

なかなか行動できない人は

「あ~あの時やっとけばよかった」なんて

後悔してストレスを溜めていくよりも、

人に言っちゃうってことで自分の行動を

後押ししていきましょう。

 

行動しなきゃ現実は変わらない。

これだけは事実ですからね。