成功法則

結果を出す人の特徴


 

結果を出す人には特徴があります。

なんだと思いますか?

im1ages

・才能

・人脈

・お金 ・・・等など

いろんな理由付けがあると思います。

 

実は、上記の理由ってあるといいですが、

成功した人が全て上記の条件が揃っていたかというと

そんなことはないです。

 

ベストセラー作家のロバート・リンガーさんが

こんなことを言っておられます。

 

「もし、書くためのモチベーションを

待たなければならないなら、

これまで書いてきた本は

1冊も書けなかっただろう」

 

そして・・・

 

「ほとんどの著者と同じように、

私もコンピューターのスクリーンを見つめたまま、

何回も朝を迎えてきた。

モチベーションもなく、

何について書こうか、明確な考えもなかった」

 

何事も取り組み始めた時には、

モチベーションも高く、「よし、やるぞ!」って

気持ちに満ち溢れています。

 

しかし、時が経つにつれ、その日の気分で

やる気があったりなかったりで物事が進まない・・・

そんな経験は誰でもあると思います。

もちろん私もしょっちゅうです(^_^;)

 

ロバート・リンガーさんがやったこと・・・

 

「ただ、書き始めた」

 

やる気が起きるまで待つなんて選択はなく

毎日同じ時間に同じことを「やる」

 

立ち止まっていては「ゴール」に近づけない。

少しで行動をすれば、ほんの1mmでも

ゴールに近づくことができる。

 

モチベーションは高いに越したことはないですが

常に維持するのは困難です。

モチベーションを理由にやらなかったら

モヤモヤ感が残りつつも、その言い訳が、

罪悪感から逃れる理由となります。

 

気分に関係なく、決めたことをきっちり行うことが

大事なんですね。

それを出来たことで達成感も得られます。

 

実は、健康面でも良いことがあるんです。

言っていることと、やっていることが

一致している人は幸福感を感じていて、

長生きしているんです。

 

もし、タバコやアルコールなど身体に良くない

物を摂取していても、幸福感を持っている人は

長生きっていうデータがあるそうです。

 

小さなことでも決めたことをやって

幸福感を得ていくってことは、成功していく上では

重要な要素なんですね。

 

やり続けること=習慣化

いい習慣を行うっ基準を幸福感を得る目的に

するっていうのが一番ですね。